今回ご注文いただいた4コマ漫画なのですが、電話をしているというシチュエーションで、普通に4コマにすると時間の流れの表現ができませんでした。
↓こちらがサンプルです。
%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e7%9b%b8%e8%ab%87
※画像は縮小
※依頼主に公開了承済み

そこで、小さい文字だけの一コマを入れて時間が経ったことを表現しました。

4コマでストーリーを収めきるのはなかなか難しいですね。

電話で愚痴を聞くサービスの宣伝マンガです。

ご依頼主様にはもう一本注文いただいたのですが、そちらは4コマすべて電話をしているというシチュエーションで、どうやって変化をつけていくかかなり悩みました。

お客様の方から、大体のポーズや表情の指定がありましたが、それらを単純に並べても面白くありません。

コマ割りをアレンジしたり、手やポーズなどで変化をつけてみたりと色々工夫もしてみました。

た広告漫画全般に言えるのですが、普通の4コマ漫画より、文字数が多いんですよ。

なので、たくさんのセリフを読みやすく、どう読ませるかというのもいつも悩みます。

フォントを変えてみたり、フキダシにメリハリをつけたりして、私なりに色々工夫しています。

フォントはほとんど趣味のように色々持っていまして、ご依頼いただいた漫画ごとに変えています。

若い人向けにはポップなイメージのもの、高齢者向けにはクラシカルなもの、男性向けにはガッチリしたものなどを使い分けています。

繰り返しご注文いただいているお客様の中に、そのフォントの工夫に気づいて下さって、「そこが気に入ってるんです。」とおっしゃっていただけたこともありました。

今回は、頑張ったかいがありまして、お客様にはとても気に入っていただき私もすごく嬉しかったです。

自分の納得よりも、お客様に喜んでいただけるのが一番嬉しいですね。

実績の方でもこちらの漫画は紹介させていただいています。

お客様によるとチラシに4コマ漫画を載せると反響が通常よりあるそうです。

ではまたのご注文をお待ちしております。