「小学ポピー」と「塾」の比較:国語編

「小学ポピー」と「塾」の比較:国語編

現在次男が5年生。
塾と小学ポピーの国語を比較します。
小学ポピーと塾のテキストを写真で比較している

前回は数学でした。
数学のテキストは次年度:6年生
↓こちら

■塾とポピーの違い:数学編
塾のテキストを横から撮影して厚みがわかるような写真

国語は学校のテストの点だけを考えたら

塾よりポピーのほうが点数が取れるのでは?

と思いました。

塾(第一ゼミナール)は教科書は無視で

独自に進んでいきます。

↓このように、独自の文章、
塾のテキストは教科書にそっていないし、学校の勉強を超えた問題が出ていると書いている
↑学校で習っている範疇を超えた問題

など、かなり難しいですね。
(次男は国語が大の苦手)
塾の問題集が難しすぎて泣いている次男のイラスト
もうすぐ6年生の次男に

手に入った5年生の塾の国語の問題集を
一緒にやっている(一人ではできない)
のですが、

文句ブーブーです。

これだけの難しい問題を
小学校からしているとなると、

中学に入って、実力テストなど、
全体の学力を測定するテスト
では
ポピーより塾のほうが高得点を狙えるとは思います。

しかし、今現在小学校で習っているところとは
全然関係ない
ので、

小学校の点数を取るという点では
疑問
を感じました。

次はポピーの教材です。

下の写真のように
↓学校で習っている所が出題されます。
通信教育ポピーの学校の教科書にそっているテキスト部分の写真

なので、復習という形で使う場合、

大人が付き添うこと無く、
子供が一人でできるし、

また学校で習った所の記憶も定着し
点数も上がる
と思います。

漢字についても同じで、
塾では学校は関係なし、

独自の問題で、言葉がむずかしい…
塾の漢字ワークの写真

これもまもなく6年の次男に
させていますが

5年の漢字ワークとは思えないような
言葉がたくさんあります。

ポピーは漢字も学校で習った順番で
出題されます。

ポピーのテキストで漢字の勉強のページの写真
さらに、月の最後のほうで、

その月に習った漢字の
総復習が出来る
ようになっています。

これをしっかりしていると、
国語の成績は上がります。

ただ、我が家の次男坊主は、このポピーの国語も
嫌がって溜まっていく傾向
がありました。

ポピーですら、実は学校より少し問題が
難しい
んですよ。

ためこんだ月はテストの点が悪く、

キチンとこなしていれば、学校の成績も上がりました

ポピーでの自宅学習は
学校の成績に直結
していると
感じています。

塾はじわじわと力がつく感じですね。

ただ、小学生で塾に一年間通うと、
かなりの実力がつくと思います。

↓まずボリュームが違う。
塾とポピーの国語テキストの厚み(ボリューム)を写真で比較

塾はすごい量です。

でもこれを自宅学習のみでこなすのは
小学生ではかなり厳しいでしょう。

実際、ポピーですら、多いという意見を
ネットでも見受けます。

私はそうは感じませんが。
進研ゼミと量的には同じぐらいです。

次男は、進研ゼミ(チャレンジ)も同時受講した時期が
ありましたが、

難易度が標準のチャレンジよりは、
ポピーのほうが難しい
ので、

時間がかかる子は多いと感じると思います。

※チャレンジ挑戦コースは難しいです

1日にする量もポピーのほうがちょっと多い。

ただ、ページ数は進研ゼミのほうが多いので、
総量としては変わらないと思います。

↓詳しくはこちら

■進研ゼミ・ポピー量を比較
進研ゼミ小学講座とポピー1月号のすべての教材を写真に撮って量を比較している

↑同時受講しました。

小学校高学年になると、

通信教材でいいか
塾へ行くほうがいいか

悩む時期がきます。

長男は、小学生では塾へ行っていません。

そして、特にそれを後悔はしていません。
中二からですが、間に合いました。

ポピーでは6年生で、

塾と同等レベルの問題が出る、
↓このハイレベルワークをとっていました。

難しい問題集です。

進研ゼミのチャレンジで
難しい挑戦コースと比較
しても

ポピーのほうが実力アップには
おすすめ
です。

チャレンジは難しい問題が少なすぎました。

↓詳しくはこちらです

■ポピー・進研ゼミ、難しいレベルの比較
進研ゼミ「挑戦コース」実力アップテキストを解いて難しくて泣いているイラスト

次男は塾の公開無料テストで

「28点!」という得点をとってきたのと、

「スイミングをやめて塾へ行きたい」と

自分から言い出したので

6年生から塾へ行くことにしましたが

ある程度成績上位の子供なら、

小学生の間は自宅学習で間に合うと思います。

コストパフォーマンスで言えば、
↓ポピー

おもちゃがなく、問題はなかなかです。

小1からとっているので
↓こちらで詳しく書いています。

■小学ポピー詳細
ポピーの動画視聴サイトをキャプチャーして紹介
動画のコンテンツ
あります。

英語はCDがついてくる月が
ありますよ。

もし中学生で上位校を狙うなら
ポピーより難しい、

↓Z会がおすすめ

問題がかなり難しいので、
資料請求して、お試し教材で学習後

子供がついていけそうか確認してから
Z会は始めたほうがいいです。

難しくてついていけずに
やめる子も多い
ですよ。

【勉強嫌い】なら小学生では
タブレット学習がおすすめ

個人的にはチャレンジタッチより

スマイルゼミのほうがよいと思います。

↓こちらで詳しく。

■スマイルゼミ詳細
スマイルゼミのタブレット体験見本資料の写真

英検に興味があり、
資料請求しました。

チャレンジタッチは簡単すぎるという
感想をかなりたくさん読みました。

スマイルゼミは量そこそこあり、
オフライン環境でも勉強もできます。

ただ、タブレットの故障が多いようで、
サポートへの入会は必須。

いろんな通信教材がありますが、

どのレベルの高校を目指すのか、
*———-
(平均-進研ゼミ

上位-ポピー、進研ゼミ挑戦コース

トップ-Z会)
*———-

子供の現在の成績等で
選ぶ教材は違ってくると思います。

●成績が悪ければ、
チャレンジ・スマイルゼミ
(おもちゃ・タブレットで釣る)

●成績平均~それ以上
チャレンジ挑戦コース
ポピー

●成績トップクラス
Z会

私は、全て資料請求し、
子供に試しました。

ネットで見る意見は人それぞれ、
子供それぞれです。

実物をやってみて、初めて分かることって
多いですよ。

↓■ポピー
↑クリック先公式サイトでは
WEBでも教材が見られます

↓■チャレンジ

↑こちら、タブレットとテキストの両方を使った
ハイブリッド学習が新設

まだ感想はネット上にもほぼないのですが、
チャレンジタッチよりよい感じ。

↓■Z会

↑こちらも3・4年生のみ
ハイブリッド学習
がスタート

↓■スマイルゼミ

体験会でまず触るといいと思います。

↑クリック先では体験会の開催場が
随時更新。

●ららぽーと

●アリオ

●TUTAYAなど

家族が集まるような施設で
開催されています。

塾は通信教材と比べると倍以上費用がかかります。

なので、次男はお友達みんなが国語・算数の
2教科をしている中、数学の1教科のみ受講中

あとはポピーで補っています。

ポピーは良い教材ですよ。

ブログ記事:小学カテゴリの最新記事