LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket

スクールZ小学生向けページのイメージ

特徴はライブ塾がある点。

息子たちが通っている第一ゼミナールと、Z会が協力して運営しているのネット塾「スクールZ」の話です。

息子は次男小6・長男中3です。

近くに通いたいと思える、または、通える塾がない

部活・習い事が忙しくて通えない

保護者が送り迎えできない

その他、塾へ行きたくても行けない事情がある

などの事情があるお子さんのための、かなり本物の塾に近いネット塾ですよ。

予算、時間などに合わせてコースを選べます。

  1. 標準コース(ライブネット塾)
    <おすすめ!>
  2. 映像視聴のみ(ライブなし)

のコースがあります。

おすすめは(1)の標準コース

1教科、週一回、ライブ授業(集団/個別)があります。

↓イメージイラスト
第一ゼミナールのネットスクール「Z会」の紹介画像

本物の塾さながらです。

リアルタイムで先生に質問ができ、答えが返ってきます。
(個別コースもあります。月謝は高め)

今までのネット塾は流れてくる画像に対して、受け答えができない受け身のみの授業でした。

これだと、続かない子の方が多いです。

息子たちもスタディサプリ(リクルートの格安ネット塾)を受講したことがあり、それがそのタイプした。

↓スタディサプリを受講したときの記事

次男のスタディサプリ体験記事

1)画像を見ながら、印刷したテキストの問題を解いていく。

2)わからなければ、自分で画像を何度も見て理解する。

通常のネット授業は一方通行で、強制力はなくよっぽどやる気のある子でないと続きません。

通信教育が続かない理由と同じです。

それと同じ理由で、(3)のコースはおすすめではありませんが、補助的な用途で使うなら有効ではないかと思います。

おすすめのライブ塾コースを詳しく説明します。

ライブ授業

かなり現実の塾に近い形式です。

1教科につき、月4回

決まった時間に授業があります。

休んでも、その日の動画を再生できます。
ネット塾を休んだ日もその動画を再生できると説明しているイラスト
小学生は英語・国語・数学の三教科。

次男小6の第一ゼミナール月謝は、一教科6480円ですが、

このスクールZの場合、1教科3800円です。

教室が必要ないから費用が抑えられるのでしょう。

第一ゼミナールでは、春期講習・冬季講習・夏期講習と別途料金で、その都度万単位でUPします。

テキストは多分オリジナル。

息子のテキストよく似た内容なのではないでしょうか。

息子のテキストを一部紹介しますね。
(※同じテキストではないと思います)
第一ゼミナールの小6テキストの写真

息子たちは、塾が好きです。

小6次男
学校の授業より塾のほうがわかりやすい

小学生でも、塾ではキチンとノートをとってきます。

板書がすごくわかりやすいそうで、先生がホワイトボードに赤・青・黒のペンで色分けして説明を書き、それを子供達がノートに移す形になっています。

現在中3の長男はノートが全然とれなかったのですが、塾に通ってからノートが取れるようになりました。

息子たちが通っている第一ゼミナールの先生は学生アルバイトが見たところいらっしゃらないです。

きちんとした先生ばかり。

怠惰で、あまり積極的に勉強しない息子たちのメンタル面のフォローもしていただいています。

次男は一度かなりキツく叱責されたそうで、それから以降真面目に宿題をしていくようになりました。

長男はとにかく勉強嫌いで、教科書すら見ず中間テストを受けるような子供でした。

中二になり成績ががくんと落ちたのですが、中二の夏に塾に入ってから持ち直し、前回は公開テストの偏差値60を超えました。

そういったメンタルフォローもしていただけるのですが、このスクールZではメールのやり取りでも、先生との会話ができるようになっています。

PCに弱くても導入を指導してくれるそうです。

親の言うことは聞かなくても、先生の言うことは聞いたりしますよ。

ヘッドセットとWEBカメラは塾が用意してくれると絵で説明

Webカメラとヘッドセントを使っての無料体験があります。

実際に行われている授業に参加でき、これも本物の塾と同様ですね。

長男も最初は「塾へなんか行きたくない!」と言っていたのですが、

「無料体験に言っておいで。」と言って参加させてみたところ、

中二の長男
授業がめっちゃわかりやすい!

ということで塾に通うことになりました。

体験してみると思っているのと違って同じ年の子供もいるし、楽しいようです。

ただ、こちら本物の塾と同様で、定員もあります。

息子の通っている塾も中3のあたりから限界人数をこえるので、受け入れてもらえなくなります。

↓まだ受け入れ可能かどうかは公式サイトでご確認下さい。

↑実際の授業風景も動画で見ることができます。

「ビデオで体験」というページになります。

興味がありましたらご覧ください。

*スポンサー広告--- *------------

小学生のスクールZは三教科ですが、中学生はもっと充実しています。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket