Pocket

来週、次男が2学期の
中間テストです。
勉強サプリ(現スタディサプリ)
定期テスト対策というのが
あるので、やってみました。
勉強サプリ(現スタディサプリ)現在受講中の長男の定期テスト対策の結果
↑こちらが結果です。

※勉強サプリ(現スタディサプリ)はリクルートの格安ネット塾です。
(月980円・5教科)

問題数84問ぐらいありました。

教科書にそった問題で、範囲は自分で設定します。
勉強サプリ(現スタディサプリ)の定期テスト対策作成方法の解説

英語なら簡単だろう、長男は調子に乗ってたくさん範囲を設定していました。

でも結構間違えていました。

間違えた場合は間違えた問題だけをリトライできます。

でもその前に動画をもう一度確認するのがおすすめの勉強法。
勉強サプリ(現スタディサプリ)のテスト対策で間違った時はどのように対応するのかの説明
動画の質は
とても高い
です。

第一ゼミナールの最高水準クラスで塾校長に教えてもらっている長男が、塾と同じレベルでわかりやすいと言っているので、かなり上手なんだと思います。

学校の授業×わかりにくい。×聞き取りにくいと、長男は嫌っています。

特に授業崩壊している教科がある場合はおすすめです。

あと、教科書にそっているので普通の学習ではあまり出てこない「話し言葉」が教科書に載っていたとしたらこれが問題になっていたりもします。

勉強サプリ(現スタディサプリ)の定期テストは教科書にそった問題が出ていると実際のドリルをキャプチャーしたもの

●Guess what?(ねえ聞いて?)

●How come?(どうして?)

などが問題に出てきました。

教科書にそっていない問題集だと、出そうにないですが、確かに定期テストにはでてきそうですよね。

下は同じ範囲のテキストです
同じ範囲のテキストのPDFデータをキャプチャーしたもの

勉強サプリ(現スタディサプリ)は今のところテキストは購入ではなく、ダウンロードしたものを印刷して使います。

面倒くさい気もしますがその中の確認問題は何度も印刷でき、意外に便利かも。

テキストの中に入っている確認問題の一部を紹介

習った時+テスト前の2回もすれば記憶は定着しそうですよね。

教科書に対応している教科は英語・国語・算数の3教科。

難易度は

●基礎レベル
●応用レベル(難しい)

の両方あります。

でも応用レベルでも大阪の学区、トップクラスはない感じ。

またテキストに付属している問題数も少なく、物足りません。

月980円で、
全教科
小4~中3まで
やりたい放題なら

それほど高望みはできませんよね。

というか十分だと思います。

市販のワークと併用しても、塾より格安です。

一週間無料期間があるので気になる方はまずは試してみてはどうでしょうか?

無料期間でもクレジットカードが必要ですが

ネットコンテンツをたくさん配信しているリクルートなので信頼して私も登録してみました。



↑クリック先では勉強するとモンスターが育つ育成ゲームや、対応している教科書一覧
なども見ることが出来ます。

登録解除の方法は
↓前回のブログで説明。
第一ゼミナールの志望校判定テスト国語の結果

もちろん無料期間で解約したら支払いはゼロです。

その間に、たくさんのテキストを印刷したとしても、です。

もし塾なしでトップクラスを狙うなら

↓Z会がおすすめ。
Z会のipadスタイルコースの説明イラスト
↑クリック先はZ会の紹介記事です。

難しいですが、勉強サプリ(現スタディサプリ)にはない難関私立高校にも対応しています。

それに、ipadを使った動画配信とテキストを使った授業も登場しました。

問題のレベルは高すぎてついていけない子供が多いようでもあります。

Z会はお試し教材を子供が実際に試してから申し込むといいと思います。

いろんな通信教育やオンライン学習がありますがコストパフォーマンスは勉強サプリ(現スタディサプリ)はトップクラスだと
思いますよ。