小学ポピーハイレベルワークと塾のテキスト比較

小学ポピーハイレベルワークと塾のテキスト比較

小学ポピーのハイレベルワークを
自宅学習し始めました。

小学6年生になり塾へ通い始めましたが
(第一ゼミナール)

金銭的理由のため教科は算数のみ。

国語は自宅学習を続けています。

ただ塾の国語の教科書は別途購入しています。
小学ポピーハイレベルワークのテキストと塾のテキスト比較写真
写真の上二冊がそれです。
でも塾のはかなり難しくて、やりません。

というか先生や保護者がなしで、

いきなり「やれ」と言ってもできないレベル

結局ポピーのハイレベルワークと、

ポピー4月号についくる
漢字復習ドリル」をしています。

漢字がとても苦手な次男には

↓毎年必ずさせています。
全家研ポピー4月号についてきた漢字復習ドリルの写真

2字熟語を自分で考えたり、

文章を書くページもあり、

国語が苦手な子にはおすすめです。

ハイレベルワークも、

学校の勉強がきちんとできる子なら、

まあ、とけるかな?というレベルの難易度。
全家研ポピーハイレベルワークの国語1ページ目の写真
※保護者も考えるほどの難問も問題もあります

塾のテキストやZ会のハイレベルよりと比べると、

簡単です。

Z会のスタンダードよりちょっと難しいでしょうか。

国語の文章問題は

学校で平均よりちょっと上の次男で

7割り程度、解けています。

(算数の方が難しい問題が多い気がしました)

通い始めた塾の宿題があるので、

他の教科が思ったより進みません。

また家計の負担もかなりきています。

長男が中3なので、

塾代で月5万ぐらいかかっていて

さらに次男もスイミングをやめて塾。

生活が苦しい家庭で中3でも塾に通ってらっしゃいません。

経済格差が学力の格差というのを実感する今日このごろです。

通信教育は塾に比べると格段に安く学習できます。

本格的に塾が必要な中学までは、

できるだけ安く済ませたかったのと、

息子たちにはある程度の学力を維持して欲しかった。

そのため

長男・次男とも小学校一年の頃から通信教育をしています。

●ドラゼミ(幼稚園~1年)
●アクセル1:学研(廃盤)
●ポピー
●進研ゼミ

ほんとに
いろいろ経験してきました。

最終的にポピーを選択していますが、

理由は

●難易度が息子たちにちょうどいい

(進研ゼミより難しい
 ドラゼミ・Z会より簡単)

●安い

の2点の理由です。

ただ、ポピーをしていても、

高学年ならハイレベルワークが

解けるレベルになっておいたほうが、

中学生の時ずいぶん楽だと思います。

長男は塾は中二の夏から通い始めていますが、
偏差値は60以上あります。

もちろん小学生では

ハイレベルワークを国語・算数とも

とっていました。

ポピーについてもっと詳しく書いた記事は
↓こちら

■ポピー詳細
全家研月間ポピー小学5年生の10月号の写真

↑全教科のワークの写真、
英語のCDについてなど

公式サイトにはWebで
見本の問題
を見ることができます。

↓クリック先「お試し見本」からどうぞ。

昨年、次男は進研ゼミ「挑戦コース」もとっていました。

ですがそのワークはポピーハイレベルワークに比べると

問題数が少なく物足りませんでした。

(次男が5年生の時受講)

進研ゼミとの比較カテゴリー
↓こちら

【進研ゼミ・ポピー比較記事一覧】

進研ゼミは基礎問題が多すぎました。

基本問題は基本がわかっている子には
確認程度で十分です。

基本がわかれば応用問題をどんどん解いていくことで
考える力が伸びていくと思っています。

我が家は小さい頃から通信教育をしていて、

それほど嫌がらず勉強しますが、

成績が落ちてから通信教育を始めると、

「教材がたまる一方だ」という話をよく耳にします

できれば小さいうちから始めたほうがいいかなとは思います。

また中途半端な時期から始めるなら、

タブレット学習は子供が面白がってやると聞いています。

進研ゼミ「チャレンジタッチ」と

「スマイルゼミ」があります。

「スマイルゼミ」はタブレットで音が出るため

英語学習に定評があり

中3の長男の英検取得を狙って、

資料請求&メールで問い合わせを

したこともあり、詳しく調べました。

で、進研ゼミとスマイルゼミの比較もしてみました。

↓記事がこちらにあります。
チャレンジタッチとスマイルゼミの比較一覧表

タブレット学習なので、実際に触れる

体験会が各地で開催されています。

●ららぽーと
●アリオ
●TUTAYA

などが会場です。

公式サイトの下部
↓「体験会のご案内」

よりご確認下さい。

かなり下の方で、小さい文字です。
スマイルゼミの体験会開催地一覧ヘのスマートフォンからの行き方

スマイルゼミは、

外で働いている保護者との

コミュニケーションツールもあり

継続しやすい通信教育だと思います。

勉強嫌いの子供におすすめですよ。

年々子供向けの自宅学習教材は進化しています。

今後、教育費がより安くすむといいですね。

ブログ記事:小学カテゴリの最新記事