海におすすめサンシェード

LINEで送る
Pocket

サンシェードは「ポップアップ」と「ポールを記事に差し込んで組み立てる」タイプがあります。

よく見かけるのはポップアップタイプ。
海・ピクニックで使うポップアップのサンシェードは使うのにコツがいると書いている絵1

組み立ては本当に簡単です。

出して広げるだけ。

でもポップアップサンシェードは、実は収納するのが難しいです。

我が家も使っていましたが、家族で畳めるのは動画を見て練習した私だけ。

また、畳む時にワイヤーと布地がこすれる部分が摩擦で破けてきます。

つまり耐久性はそれほどありません。

また狭いので、子供が大きくなってくると、手狭になってきます。
ポップアップサンシェードは狭いので子供が大きくなると入らないと絵で説明
 
でも我が家にとっては破れた時期がちょうどよかったです。

その頃、家族でBBQをはじめ、ワンタッチタープに買い換えたからです。

↓こういうタイプのものです。
我が家で使っているワンタッチタープの写真1

とは言え、やはり小さい頃はサンシェードは活躍しました。

持っている友人も多かったですよ。

我が家が持っていたのは安いタイプですが、友人の一人はコールマンの組み立て式を持っていました。

ポール、生地が別々でポールを穴に通して組み立てます。

ポップアップではありません。

↓これの旧タイプがを友人所持
■Coleman(コールマン)
スクリーンシェード

icon
icon
ナチュラム価格7,944円(税込8,579円)

「丈夫で、全然破れないよ。」

「実は子供が大きくなって、これ、全く使ってなくて邪魔になってるんだけど」

と話してくれました。
*------
コールマンが実際強風でどうなのか?
↓それを写真撮影してきた記事
ホームセンターブランドのポール入りサンシェードが強風でしなっている写真
↑砂地でのシェードの固定方法なども書いています。
*------

彼女も子供が大きくなりキャンプを始めタープを買いました。

海でもサンシェードは使わず、我が家と同じくタープを使っています。

コールマンは耐久性もあり、おすすめのサンシェードではありますよ。

またこのコールマンは、フルクローズする点でも便利

↓こんな感じ。
icon
icon
 
フルクローズするものは着替えができるんですよ。

フルクローズできるサンシェードは着替えができて便利だと絵で描いている1
 
更衣室が遠い、男親だけで女の子を連れて来ている等、助かるシチュエーションはあります。

この大きくなってもBBQをせず、ワンタッチタープを買わずに、これですませるというのもありだと思います。

あと、サンシェードは軽いので、風で飛んでいきます。

ペグダウンもしっかりと。

普通の真っ直ぐなペグは抜けやすいので、砂地用のものがおすすめ。
砂地用のペグはスクリューなど専用のものがおすすめだとイラストで説明

スクリュータイプ・表面積の大きいプラスチックタイプなどがあります。

↓このようなもの
楽天砂地用ペグ画像
一覧レビューが多い順

持っていない場合は、

海水浴場なら、大きい石を探して、中に置く。

ない場合は、砂袋を作って固定してもいいと思いますよ。
ポップアップシェードの固定に砂袋を作って置いておくといいと絵で説明

コールマンならプラスチックペグがセットのものもあります。

↓クリック先コールマン・サンシェード。
 (レビューが多い順)
楽天・コールマン
サンシェード画像一覧

ポップアップタイプのコールマンも出てきます。

大きめでそちらも人気。

↓amazonはこちら
コールマン・サンシェード:amazon

amazonでは、ランキングがあるので、そちらも紹介。

※ランキングは1時間ごとに更新されています。

↓こちら
amazon・サンシェードランキング

ランキングの中はやはりいつ見てもポップアップが多いですね。

個人的におすすめなのは

↓こちら
■ポップアップテント 200cm FIELDOOR UVカット(楽天)

4,600円 (税込 4,968 円) 送料無料

★フルクローズします。

幅が200cmと広め

小さい子供2人の4人家族なら全員で中で食事ができるサイズ

↓楽天ランキングも春夏は常連です
■楽天テント・タープランキング

↓こちらが収納動画

動画はいつでも見られるようにしておくか、

現地で見られないなら家で練習するなどしてから本番に望んだほうがいいと思います。

次はポップアップの欠点、屋根の部分が狭いというのが少し和らいでいるタイプ

■山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション
ワンタッチキャビンシェード フルクローズ(3人用)

5,990円 (税込) 送料無料

↑こちらもポップアップです。

頭上が角ばっていて広いサンシェードのイラスト

これ、背が高い人によさそうだと思います。

ポップアップシェードは屋根からの圧迫感がすごいです。

海水浴場でも、屋根が近いので、頭の部分はムシムシして、中が狭いのですごく暑くなります。

子供が小さいと必ず親も付き添うので、サンシェードの中にいる時間は短いのですが、

子供が大きくなると一人で遊ぶようになります。

そうなると、親はサンシェードの中にいることが多くなってきます。

でもサンシェードの中は暑い…。

そうして、我が家は海水浴でもワンタッチタープを持っていくようになりました。

とはいえ、小さい頃にはサンシェードは活躍しましたよ。

日帰りBBQにおすすめのカンタンタープは

↓こちらで紹介しています。
BBQにおすすめの日除けタープのページ用アイコン

よかったらあわせてどうぞ。

LINEで送る
Pocket

キャンプ記事

就寝テントの説明と設営のコツ

テントの説明と・初心者におすすめテントを ...
続きを読む

日よけタープの種類とキャンプにおすすめタイプ

キャンプする時に雨除け・日よけのタープは ...
続きを読む

キャンプ用チェアについて

キャンプと日帰りBBQでは おすすめチェ ...
続きを読む

キャンプのテーブルについて

キャンプに行く前にバーベキューを体験され ...
続きを読む

ツーバーナーでおいしい朝食に。

キャンプを始めたばかりだと、大抵調理器具 ...
続きを読む

ペグ(杭)説明・種類

ペグはテントやタープに最初から付属してい ...
続きを読む

焚き火ができるBBQグリル色々

日帰りBBQと違い キャンプは暗い夜も ...
続きを読む

キャンプのわかりにくい用語説明

■持ち物チェックリストは↓新ページヘ。 ...
続きを読む

オートキャンプ場とは(初心者向け)

はじめてのキャンプなら オートキャンプ場 ...
続きを読む

キャンプにおすすめクーラーボックス

キャンプ初心者で失敗しやすいのがクーラー ...
続きを読む

ランタンの種類と必要な個数

キャンプの必需品「ランタン」種類の説明、 ...
続きを読む

春秋・夏別おすすめ寝袋(シュラフ)

まず、シュラフ(寝袋)には大きく分けて【 ...
続きを読む

キャンプの夜もエアベッドやマットで快適に

テントの床は硬い地面。 銀マットを敷いて ...
続きを読む

ダッチオーブンのおすすめはどれ?

ダッチオーブンで作った料理はすごくおいし ...
続きを読む

キャンプ持ち物チェックリスト

◎チェックリスト◎ チェックボックスにチ ...
続きを読む

2017/04/21