初めてのファミリーキャンプに必要な費用

2016/08/08

LINEで送る
Pocket

初キャンプにかかる費用はどれくらいかかるかと問いかけているイラスト
キャンプなら旅行より安くすむ、

確かに何度もキャンプをすれば単科あたりはかなり旅行より安くすみます。

ただ、初期投資はなかなかの金額になります。

今回はどれぐらいかかるか、品質別に例を上げてみますね。

まずは最もユーザーが多いと思われるもので考えてみます。

定番商品でそろえた場合

(個人的に定番だと思っている商品です)
コールマン、ユニフレーム、スノーピークなど。

家族4人分です。
価格はアウトドアショップ
ナチュラム参照

商品 ブランド・商品名 価格
テント
インナーマット
グランドシート
コールマン
タフワイドドームセット
47800
ナチュラム
タフワイドドーム
一覧
icon
ヘキサタープ XPヘキサタープMDX 17671
BBQグリル
(焚き火OK)
ユニフレーム

ファイアグリルセット

4300
シュラフ(寝袋) そこら辺で

一つ1500円

6000
食器セット

(プラスチック)

キャプテンスタッグ 2000
ランタン(ガス式) コールマン
・ノーススター
11463
ランタンその他
(電池式など)
5000
テーブル・ロール式 コールマン

イージーロール

10000
テーブル二つ折り 安いタイプ 4000
チェア4つ コールマン
・スリムチェア(¥4500)
18000
ペグ追加分 スノーピーク
・ソリッドステーク6本×2
3840
合計 132,074

アウトドアショップナチュラム様の価格で調べました。

(2016.07.21現在)

↓こちら(オリジナル品もあります)
アウトドア&フィッシング ナチュラム

なんと13万円もかかってしまいました!

もちろん、みんながみんなこれを持っているわけではありません。

我が家も全く同じ商品で持っているのは上の中で、ロール式テーブル、

ヘキサタープ、スリムチェア、ペグ(6本)です。

テントはコールマンですが、タフワイドドームではなくスポーツ用品店とコールマンのコラボテントです。

今は販売されていません。

上の持っている商品も、キャンプへいくたびに安いものから買い換えていきました。

ただし、テントだけはずっと買い換えていません。

最初はテント以外は安物で揃えていました。

チェアはホームセンターの1つ千円、テーブルも激安品です。

そして激安品は全て壊れました。
安物のアウトドア用チェアが壊れているイラスト

でも一気に揃えることは費用的に難しかったのでそれでよかったと思います。

ちなみにチェアは2~3年ですべて壊れました。

ではすべて激安品で揃えるとどうなるか?

格安品でそろえた場合

今回は格安、
キャンパーズコレクションのキャンプセットで見積もってみます。

(楽天やアマゾン、yahooショップなどで購入できます。)

商品 ブランド・商品名 価格
●テント
●タープ
●テーブル・
チェアセット
(4人向けベンチチェア)
●マット
●シュラフ×2
 キャンパーズコレクション
お買い得キャンプ
8点セット
42000
楽天
アマゾンyahoo
ショッピング
シュラフ×2  そこら辺で一つ1500円 3000
ランタン  soto 10000
 食器セット  キャプテンスタッグ 2000
 グランドシート
(ブルーシート)
 ホームセンター 1000
 インナーマット  ホームセンター  1000
 BBQグリル  ホームセンター 3000
 ペグ1本130円×12  スポーツ用品店等 1560
 合計 ¥63,560

格安品で揃えると、約半額ですみました。

安いものと高いもの、一体何が違うの?と思いますよね。

まずテントやタープなどはよい物は生地が厚い。

またメッシュなどで換気ができるようになっていています。

詳しくは
↓こちらの記事で
就寝用テントはインナーとフライシートの2点セットだという説明イラスト

↑選ぶ時のコツなども

チェアは収納のコンパクトさ、すわり心地なども違ってきます。

家族キャンプだと荷物が多くて

「荷物が積み込めない!」

なんてこともありえます。

高品質なものは収納もコンパクトにできているものが多いんですよ。

※チェアについては
↓こちら
キャンプにおすすめのチェアのkoteiページヘのへのリンクアイコン

でもある程度以上の品質のものを一気に買い揃えると、10万超え!

経済的に厳しい家庭も多いのではないでしょうか。

我が家はテント以外は安物からスタートです。

それぞれ徐々に壊れていって、壊れるたびに良い物に買い換えていきました。

キャンプができない!という事態には陥りませんでしたよ。

また最近の高規格キャンプ場では
高規格キャンプ場はこちらで説明

レンタルも充実していて、何かあった時も安心です。

なので、初めてのキャンプは少し値段が高めですが、設備の整ったキャンプ場をおすすめします。

予算がない場合はまず安いもので揃えて、それから買い換えていっても十分事足りますよ。

ただ、春キャンプもするなら、テントだけは良い物がいいと思います。

安いものは生地が薄くて寒すぎて眠れません。

その他、このサイトではいろんなキャンプ用品について私なりの考えを書いています。

よかったら読んでいって下さい。

<おまけ>

キャンプ用品計算シート

↓定番品価格が入ったエクセルデータが入っています
キャンプ用品計算データ
↑クリックでダウンロードできます。

出来ない場合はリンクを右クリックし、ダウンロードして下さい。

価格を入れ替えて、簡単に予算を組めると思います。

LINEで送る
Pocket

アクセスが多い人気記事

【アクセスが多い人気記事】

管理人のサイドビジネス

4コマ漫画バナー
管理人は、
カラー4コマ漫画を格安¥3000で
作成するサービスをしています。
イラストの依頼もお受けしています。
↑クリック先
「お問い合わせ」
からどうぞ。

RSSフィード

RSS Feed RSS - 投稿

更新情報などをツイートしています



■サイト・管理人・リンクについては
↓こちら
【About】

-家族でキャンプを楽しむには