広告漫画で大切なのは、もちろん漫画そのものですが

タイトルもとても重要だと思います。

↓このサイトを平凡な名前にしてみました
広告漫画のタイトルは需要だということを検証する実験イラストその1
↑至ってよく見るフレーズを使っています。

通常、ご依頼いただく際、

ストーリーとタイトルは、ご指定頂く場合が

ほとんどですが、

タイトルが平凡な場合、こちらで

目を引くようなタイトルをご提案致します。

例えば、「具体的な数字を入れてはどうですか」など。

そして私の提案以上のタイトルを

お客様は思いつかれています。

何かキーワードやヒントがあれば

良いフレーズがピン!と来るようですね。

では次から

「漫画広告のタイトルのコツ」をまとめてみます

●具体的な数字を入れる

●擬音で表現

  –柔らかいケーキ→「ふわふわ食感」

  –問題解決→「スッキリ解決」

●販促漫画の場合は役に立つ、有益な情報だという表現を使う

 「効率化」「秘訣」「ヒント」「利点」「メリット」

など

●<>「」【】などを使い強弱をつけ、見やすく

このサイト名、普通に考えると

上の「格安の~」となります。

これでは面白く無いので、

3000円という数字を入れ

「」で目立たせたい所を強調してみました

↓そしてこんな風にサイト名をタイトル風に
 してみました。
広告漫画のタイトルは需要だということを検証する実験イラストその2

3000円という数字が価格的に

安いのか高いのかは別として

上の「格安~」というタイトルより

のぞいてみようかな?という気がおこるのでは

ないかと思います。

これは普通にブログやフェイスブック、ツイッターなど

他人に読んでもらう為の文章をを書く場合にも

当てはまることもあります。

もしインターネット上に文書をあげる機会があれば

気にしながら書いてみてくださいね。

最後に、本当に広告用のフルカラー4コマ漫画を

3000円で請け負っていますよ。

↓お問い合せはこちら
【問い合わせ】