Pocket

「難しい」

資料請求したワークを次男がした時の感想です。

次男は小学校では平均よりちょっと上程度。
Z会教材の見本写真(5年国語算数)
↑こちらが教材の写真です。

●スタンダート(普通)

●ハイレベル(難しい)

の2つのコースがありますが、

スタンダードでも進研ゼミの進研ゼミの標準コースよりずっと難しいです。

一番感じたのは「文章が長い。」
Z会のテキストと進研ゼミ「挑戦コース」のテキスト比較写真

ポピー・進研ゼミを受講経験があります

大手3社を比較すると

●進研ゼミは余白やイラストが多く
 文字を読むのが嫌いな子でも読みやすい

●ポピーは冊子のサイズが大きく、
文字が大きめでイラストは少なめ

●Z会は文章が多くぎっちり

という感じですね。

Z会は優秀なお子様向けだと感じました。

コースは小学1年生から選べます。

教科書には三年生から対応
教科書対応アイコン

1年・2年は3教科セットです。
(国語・数学・経験学習)

そして三年生からは細かくコースが分かれます。

Z会のコース紹介イラスト

スタンダードコースでも平均以上のレベル。

ハイレベルになると私立の中学受験にも対応できるそうです。

中学受験コースは有名難関中学を受験するためのコースでかなり難しくなります。

またZ会は進研ゼミやポピーと違って

1教科から受講できます。

算数なしで国語のみの受講などもZ会は選べると絵で説明

三年生の受講料
小学生コース

1教科=2776円
(毎月払いの場合)

その他の通信教育社
受講料金一覧表
↓クリック先
通信教育受講料比較一覧表
学年に分けて
一覧比較
ています。

他の通信教育と比較すると高めですが

教科選択制なので逆に安くつくこともあります。

5.6年の高学年になると、塾へ行く子供が増えてきます。

算数は塾へ行って、国語はZ会のような塾の補完的役割でZ会を受講も可能です。

それから新しく3年・4年生にタブレットコース
できました

2015年現在の情報なので削除
Z会のタブレットコースは持っているipadで受講できると説明している

2018年現在、タブレットコースが3年生~6年生まであります。

進研ゼミ・スマイルゼミは
専用タブレット。
*—-詳しくは
↓クリック先で。
【進研ゼミ詳細(受講経験など)】
【スマイルゼミ詳細】
—-*

ですが、Z会は普通に使えるipadです。
退会後も不自由なく使えるのが嬉しいですね。

※アンドロイドのXperiaタブレットも対応しています。

↓対応機種はZ会で確認して下さい。

↑Z会のホームページはわかりづらく
見つけるのが難しい
です。

「わざとぐるぐるサイトを回るよう難しくしてるの?」

なんて思ってしまいますよ。

↓このように検索機能を使うと楽です。

◯パソコン用
Z会のサイトで体験ページやタブレット詳細ページにいく方法
タブレット学習をWEBで体験できます。

◯スマートフォン用
スマートフォンでZ会のサイトで体験ページやタブレット詳細ページにいく方法
Z会では
1月・2月はお得な入会キャンペーンがあります。

Z会はコースが豊富で、
子供に合った教材を選べるのがよいですね。

添削課題アイコン
また添削課題もあり、指導者がついて、間違いを指導してもらえます。

小学生Z会の添削指導見本写真
※実際に資料請求した時の見本

学校のテストは採点だけされいて、

特に個人的な指導はない場合が多いと思います。

私も子供達二人のテストをずっと見てきましたが、

間違えた所に先生のコメントがあるのはほとんど見たことがありません。

間違えた箇所の指導をきちんとしていれば落ちこぼれる子供も減るのでしょうが、

担任1人に40人近くの生徒をきめ細かく指導と言うのは難しいのでしょう。

長男が今塾に行っていますが、
習っている教科は、
塾のテストの後、
必ず見直し
があります。

勉強はわかっていない所を見直す事が学習において最も重要なポイントの一つだと思います。

ただ、Z会はレベルが高く平均以下のお子様の場合途中で挫折したという話もよく耳にします。

なので、申し込む前にお試し教材を試すとよいと思います

実際に我が家は小5の次男用に資料請求しました。

下は資料請求で届いたハイレベル5年国語を実際にしたテキストの写真です。

Z会資料請求の時に入っていた国語の見本
次男にはとても難しかったですね。

正解はこのページ1問だけ。

↓こちらは5年算数
Z会に資料請求したお試し教材の算数の写真
簡単な問題は少なめ、難問が多いです。

回答の解き方の解説は丁寧でした。

上のZ会の算数に対応する、
↓ポピーを紹介しておきます
ポピーの算数5年生図形問題のテキストと回答の写真
↑ご覧になるとわかると思いますが難しい問題も出題されています。

ただし、難問の問題が少なく基本的な問題が多い

ポピーでもスラスラ解ければ学校で100点でもとれると思います。

届いた資料の中には
国語・算数
 理科・社会

4教科全てのお試しが
↓しっかり入っていましたよ。

↑クリック先で、
無料の資料請求
が出来ます。

お試し教材は
かなりのボリューム
です。

ハイレベル・スタンダード
(70pほど)

作文コース(25pほど)英語などたくさんの教材見本が入っています。

作文コース、英語は別冊子でした。
作文の教材写真
Z会の作文コースお試し教材の写真

自分が30歳になった時を想像して描いてみようという問題など。

作文コースはよいなと思います。

入試で小論が出る所もありますが文章構成力は簡単につくものではありません。

また、通信教育で作文というのはあまりないですよね。

↓他の作文教育といえば

「ブンブンどりむ」
ブンブンどりむの学習で使われる文章についての紹介イラスト

(↑クリック先詳細)

があります。
こちらは作文のみです。

Z会は全ての教科がありまた選択制なので、とても便利ですよ。

ただ難しいのでお子様がついていけるかまずはお試しの教材でチェックして下さい。

スタンダードはポピーよりちょっと難しいかなという程度。

ハイレベルは明らかに中学受験を意識したような難問レベルでした。

全家研月間ポピー小学5年生の10月号の写真
↑クリック先で次男のポピーを紹介しています。

進研ゼミはイラストが多く標準コースはポピーと大差ないようです。

おもちゃが多いので子供好きするようですね。

私個人的には、Z会は良問が多く子供の学力さえ達していれば最もおすすめの通信教育です。

ちなみに小学生の<通信教育顧客満足度>でもZ会はNO.1でした。

顧客満足度調査小学生通信教育部門の結果を書いた図

まずついていけるか、資料請求し、実際に子供に取り組ませることをしてみてください。

サンプル問題はよかったですよ。

<Z会に
向いているお子様>

●学習意欲が高い
●基礎はできている

また、
●将来塾との併用を考えている
●中学受験を思案中

上のような場合は、通信教育ならZ会が最も適していると思われます。

他には、飛び級ができる(学年を飛び越えられる)通信講座もあります。

あの学研が運営している「学研通信講座」ですが、こちらの教材もかなり本格的なので優秀なお子様向け。

学研通信講座

↑こちらで詳しく調べた記事をかきましたので、興味があればどうぞ。

また受講料も通信講座ではかなりの高額で、トップれべれるの優秀なお子様を狙っている感じを受けました。

いろいろありますがその家庭・お子様の能力にあった通信教材を選ぶのが大切だと思います。

それからちょっとしたお仕事の
紹介です。
家事代行サービス求人中
多数のメディアに掲載もされていて
家事代行サービス会社さん。
最近では情報誌「たまひよbizmom」
2016年1月号

「HAPPY 両立スタイル」コーナーに
のっていますよ。

そのCAZY(カジー)さんが
↓求人中
です

掃除が9割程度だそうです。

子供に習い事、塾、
通信教育
などを
させていると
出費がかさみますよね。

ちょっとした足しになればと思います。

※ただし求人は地域限定です。
該当されていない方にはすみません。

【登録できる地域]】
東京都23区・東京都市部
神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪市

※サービス提供エリアは順次拡大中で
今後地域がひろがっていくそうですよ。

もし生活費等、ゆとりがほしいなら
いかがですか?