就寝テントの説明と設営のコツ

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

テントの説明と・初心者におすすめテントを紹介します。
就寝用テントはインナーとフライシートの2点セットだという説明イラスト
まず就寝用のテントとは
↑上のイラストのように、
フライシートとグランドシートの2点がセットになったものです。

↓こちらのスクリーンテントとは
↓別物

スクリーンテントの説明イラスト
↑床に布がないです。

よく似ているので、「キャンプを今から始めよう!」と考えている方はこれをテントと就寝用のテントと勘違いすることもあります。
(私がそうでした)

※設営のコツですが。

【風向きに注意すること】です。

夏は風が通るようにテントの出入り口を考えて設営すると涼しいです。

また、テントを保護するため、グランドシートも必要です。

テントの下に敷くグランドシートの説明イラスト
こちらはブルーシートで代用できます。

テントを片付ける時底が汚れていないのもよい点です。

我が家は厚みがある少し高価なブルーシートをグランドシート代わりに使っています。

次はグランドシートの使い方
ブルーシートの使い方説明イラスト
上のイラストのように市販のブルーシートでも代用可能です。

安いものは薄いので、厚手でしっかりしたものを使って下さい。

ブルーシートはテントより小さいサイズに折り込んで使うという説明イラスト

サイズがテントより大きい場合は上のイラストのように必ず小さく折り込んで。

でないと、雨が降った時グランドシートが水をすくって床が水浸しになります。

そして、テントの中にはインナーマットを敷きます。

テントの中には厚手のレジャーシートや銀マットを敷くと快適だという説明イラスト

そのままだと、石や砂を感じるぐらいボコボコです。

銀マットを敷き詰めたり、クッション性のあるレジャーシートでも大丈夫。

テントのサイズに合わない場合は銀マットをカットしたらよいと説明している

合わない場合はサイズに合わせてカットしましょう。

最後に重要なのは、ペグダウンです。

曲がってしまったペグの写真とと、色んな種類のペグ

が、これだけで説明が長くなりそうなので

↓こちらのページで
↓ペグについて御覧ください。
ペグの説明ページ用アイコン

さて、次はファミリーキャンプでのテントの選び方です。

ファミリーキャンプで需要なポイントを説明するというイラスト

チェックするべき点は以下の点
まずは耐水圧

テントの耐水圧はた高めが安心だというイラスト
1・2人だと、テントが浸水したら車で寝るのも大丈夫ですが、4・5人となると車での就寝はかなり窮屈です

また、キャンプ場は山間部が多く、平地より雨が降りやすいところがほとんど。

それに、夕立も最近はとても激しい!

激安テントは薄くて耐水が今ひとつになっています。

▽------
※初めてのキャンプの場合、天気予報がずっと雨ならキャンセルをおすすめします
△------

次は床面積

ファミリーテントの広さは広くても狭くてもメリット・デメリットがあると説明しているイラスト
【広い】と、暑い夏も比較的涼しいですし、子供連れだと着替えなど荷物も多くなりがちなのである程度の広さはほしい所。

ですが、大きいと設営が大変になります。

また、テントそのものが大きい荷物に。

小さいと、素早く設営でき手間のかかる小さなお子さんがいる場合はそちらのほうがよいかもしれません。

それに、「テントを使うのは眠る時だけ」

日中を過ごす日よけタープの方にスペースを譲ったほうが快適さをより感じるかも。

狭いテントでも換気がよいとそれほど暑くありません。

テントは換気性がよい物を選ぶといいという説明漫画

テントのサイズが小さめなら換気口がキチンと整っているもの
(空調:[ベンチレーション]と言います)
を選ぶといいと思います。

あと、キャノピー・前室があると便利ですね。

説明が長くなるので、
↓クリック先で別途説明
■キャノピー・前室とは
テント用語の「前室」の説明イラスト

次から
実際に販売されているテントをその特徴と共に紹介してきますね

最初は映画に登場するような高品質のスノーピーク。

高品質スノーピーク(snow peak)

 
次の商品は定番中の定番です。

アメニティドーム+マット・シートセット+ソリッドステーク30×12+ペグハンマーPRO.S/Mサイズ

 
●大人2人・子供2人向け
 
icon
icon
ナチュラム価格58,459円
(ナチュラムは私の好きなアウトドアショップ。アウトドアや釣り道具などでは最大級です。)

↑スノーピークでも、比較的安価で人気のタイプのお買得セットです。

冬キャンプしている方はこのスノーピークが多いですね。

生地が厚手でしっかりしていて屋根が低く、雨風にも強い、とてもよいテントです。

テントの風と高さの関係の説明イラスト
ただ、屋根が低いので狭くは感じます。

なので、ヘビーキャンパーさんは冬・春はスノーピーク、夏はもっと安価な薄手テントと使い分けいる方もいらっしゃるようです。

↓クリックでレビュー多い順なので
↓感想が読めます。
楽天スノーピーク
テント・画像一覧

また、「天気が悪い日はキャンプに行かない」なら、普通のテントで十分。

我が家は天気予報で雨だとキャンセルします。

子供が男の子で外遊び大好きで外で遊べないなら楽しくないからです。

雨の日は思い切ってキャンプ場のキャンセルをおすすめするイラスト
キャンプ場は<キャンセル料無料>の所も結構あります。

なので、2週にまたいで、2カ所、別の所を予約しておくのも手です。

できれば2箇所とも行けたらいいですね。

次はキャンプ場で最もよく見るコールマンを紹介

コールマンおすすめテント

 
こちらもコールマンの定番品です。

タフワイドドームIV/300 スタートパッケージ【お得な3点セット】

 
icon
icon
ナチュラム価格39,796円(税込42,980円)

グランドシートとインナーシートがセットです。

先程のスノーピークに比べるとかなり広く感じます。

子供三人の五人家族でも眠れますよ。

耐水圧約2000mmと高く、
長雨もへっちゃら。

換気性もよく、中の空間も広いので夏も比較的涼しいです。

300×300

↓こちらは少し安いです

BCクロスドーム/270スタートパッケージ+ペグ20cm6pc+ハンマー【お得な3点セット】

 
icon
icon
ナチュラム価格37,019円(税込39,980円)

テント上部の換気口がありません。

夏は少し蒸し暑いかも。

サイズは270×270
子供3人、大人2人でギリギリぐらい。

4人家族向けです。

小さめで設営も楽だし、頑丈なペグがついていて設営時間も短縮できます。

全くの初心者におすすめテント

耐水圧:約1,500mm

この【クロスドーム】やタフワイドドームは定番の人気テントなので、シーズン中はいろんなセット品が販売されるようになります。

↓楽天でセット品色々。

タフワイドドーム
お買い得セット色々

 
↑チェアのセットもありますよ。
 
クロスドーム
お買い得セット色々

このセット品についているほとんどがシュラフは暖かい夏用だと思って下さい。

セットの寝袋は10℃以上対応で、春キャンプにはまず温度が足りません。

これに毛布を中に追加したり、更に中にシュラフを入れて眠られるぐらいです。

※寒いキャンプ場ではそれでも足りません。
防寒対策に服など余分に持って行って下さい。

電源サイトでホットカーペット持参するとさらに安心です。
-------
シュラフ(寝袋)は
↓クリック先で詳しく説明
■春夏おすすめ家族キャンプむけシュラフ
春夏のおすすめシュラフページ用アイコン

-------

それから、このBCクロスドームは狭く、換気口も少ないため夏はちょっと暑いです。

暑いサイトなら電源サイトを借りて扇風機持参しても。

扇風機は特に真夏の日中はあると快適ですよ。
キャンプ初心者に電源サイトを進めるイラスト

夜はキャンプ場は結構涼しいのですが、サイトの最低気温を調べて、25℃以上ありそうなら、扇風機持参がいいかも。

テント内が暑くて眠れません。

安いテントは、夏場暑く春は寒いんですよ。

またテントもタープもアウトドアグッズはまったくもっていない初心者の方ならタープ・テントの一体型は意外に費用が安くすみます。

↓このような形です。

2ルームドームテントの説明イラスト

実際の商品は↓こちら。

■Coleman(コールマン)
ラウンドスクリーン2ルームハウス

icon
icon
ナチュラム価格49,800円(税込53,784円)

タープ・テントの二つを設営するより、ペグを打つ本数が少なくてすみ慣れると設営が早いです。

ただ、収納サイズが大きめなのは痛い点です。

↓その他コールマン人気テント

楽天コールマン・テント
レビューが多い順に画像一覧

(楽天レビューが多い順)

定番はコールマンですが、ロゴスも価格の割になかなかの品質ですよ。

ロゴスの2ルームテント。
icon
icon
ナチュラム価格34,241円(税込36,980円)

タープとテントを別々に買うのと比べると、破格の値段です。

4人~5人

この激安価格でグランドシート付き

<ロゴス>は色・形も独特でおしゃれななんですよ。

特にナバホはデザインが可愛いです。

■ロゴス(LOGOS)
ティピ-400セット、メイプルデコプレゼント

icon
icon
ナチュラム価格36,083円(税込38,970円)
↑お買得セット

女の子が喜びそうなキラキラ電飾付きです。

ワンポールテントの特徴を描いたイラスト
このワンポールテントは設営がとても簡単で早い!

子供がいると、設営や撤収には時間がかけられませんよね。

その点ではおすすめです。

ただ風には弱そうなのでご注意を。

↓クリック先楽天です。
楽天ロゴス・テント
レビューが多い順一覧

ワンポールテントも今は種類が増えていますよ。

↓ナチュラムの売れている順に画像表示。

ワンポールテント売れている順
icon

  
最後は激安テント色々です。

キャンパーズコレクション

  • スクリーンタープ
  • 電池ランタン
  • (※テント内部用で外では暗すぎ)

  • シュラフ(寝袋)
  • 銀マット
  • テーブル

など盛りだくさんなのに格安です。
肝心の品質ですが、使えるギリギリと言われています。

これより安い、ホームセンターの格安品などは使い捨てとも言われるので、子供が中学生に上る前まで、しかも夏だけ、というなんちゃってキャンパーにおすすめです。

↓クリック先は画像で一覧です。
キャンパーズコレクション
お買い得テントセット:楽天

※キャンパーズコレクションは、
家電で有名な「山善YAMAZENN」の定番
アウトドアブランド定番
↑楽天はオフィシャルショップで
全品送料無料
です。

あと、スポーツ用品店のオリジナルテントも比較的安価。

ヒマラヤオリジナル

ヒマラヤはスポーツ用品店です。

キャンプグッズもテーブルやテントなど色々安価なものを出されていますが、テントの安いものはやっぱり生地が薄いです。

友人は「ヒマラヤ」オリジナルの安いビジョンピークステントですが、子供が木の枝を振り回していたら、

初めて使ったその日に前室の一部が裂けてしまいました。

■ビジョンピークス(VISIONPEAKS)
アウトドア ドームテント
キャノピードーム327

価格 24,900円 (税込)

ですが、そのテントを5年は使っていましたよ。

(防水スプレー必須)

↓テント用防水スプレー

950円(税込、送料別)
強力撥水タイプ。

雨漏りもしていませんでした。

我が家のコールマンと比較すると、春キャンプの時は室内温度がビジョンピークスのほうが低く感じました。

(薄いので寒い)

夏は、やはり暑くなるのが早い感じ。

薄いので、サンサンと照りつける太陽がある場合は、テント内がすぐに暑くなっててしまいます。

夏キャンプの暑さ対策
↓こちらの記事でどうぞ
夏キャンプのテントの中で暑くて眠れなくなっているイラスト

ケシュア

ケシュアはフランスのアウトドアブランドです。

デザインも独特でコストパフォーマンスに優れているブランド。

↓ファミリー向けはこちら

icon
icon
ナチュラム価格12,019円(税込12,980円)

↑レビューもたくさんあります。

インナーテントは組立不要の吊り下げ式で設営はすごく早いのです。

↓吊り下げ式はインナーテントの布を外側のフライシートに引っ掛けるだけ。

レビューを読んだところ、このテントはたたむ時袋に入り切らないそうで、別に大きめの収納袋を用意したほうが良さそうですよ。

↓設営動画です。

テントを買ったらペグも購入する

テントを買うと同時にペグ(杭)も買わなければいけません。

付属のペグは、お情け品で、ほとんど役に立たないですよ。

↓ペグの説明はこちら
●ペグ(杭)
ペグの説明ページ用アイコン
我が家の曲がったペグの写真ものせています。

よいペグは、

◯設営時間の短縮

◯抜けにくく安全

です。

子連れのキャンプは時間が足りません。

※我が家のキャンプのスケジュール

↓こちらで紹介
■我が家の一泊キャンプのスケジュール
キャンプのチェックインや消灯の時間は何時なのか問うているイラスト

↑この記事のように文字で書くと時間がありそうですが、

テントの設営、調理、片付けなど子供がいると何かと時間がかかります。

ゆとりを持って行動して下さいね。

 

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

キャンプ記事

就寝用テントの説明ページヘのリンク用アイコン

就寝テントの説明と設営のコツ

テントの説明と・初心者におすすめテントを ...
続きを読む

日よけタープの種類とキャンプにおすすめタイプ

キャンプする時に雨除け・日よけのタープは ...
続きを読む

キャンプ用チェアについて

キャンプと日帰りBBQでは おすすめチェ ...
続きを読む

キャンプのテーブルについて

キャンプに行く前にバーベキューを体験され ...
続きを読む

ツーバーナーでおいしい朝食に。

キャンプを始めたばかりだと、大抵調理器具 ...
続きを読む

ペグ(杭)説明・種類

ペグはテントやタープに最初から付属してい ...
続きを読む

焚き火ができるBBQグリル色々

日帰りBBQと違い キャンプは暗い夜も ...
続きを読む

キャンプのわかりにくい用語説明

■持ち物チェックリストは↓新ページヘ。 ...
続きを読む

オートキャンプ場とは(初心者向け)

はじめてのキャンプなら オートキャンプ場 ...
続きを読む

キャンプにおすすめクーラーボックス

キャンプ初心者で失敗しやすいのがクーラー ...
続きを読む

ランタンの種類と必要な個数

キャンプの必需品「ランタン」種類の説明、 ...
続きを読む

春秋・夏別おすすめ寝袋(シュラフ)

まず、シュラフ(寝袋)には大きく分けて【 ...
続きを読む

キャンプの夜もエアベッドやマットで快適に

テントの床は硬い地面。 銀マットを敷いて ...
続きを読む

ダッチオーブンのおすすめはどれ?

ダッチオーブンで作った料理はすごくおいし ...
続きを読む

キャンプ持ち物チェックリスト

◎チェックリスト◎ チェックボックスにチ ...
続きを読む

2017/04/19