日よけタープの種類とキャンプにおすすめタイプ

LINEで送る
Pocket

キャンプする時に雨除け・日よけのタープは、ほぼ必需品。
ワンタッチタープ・ヘキサタープ・スクリーンテントのイラスト

↑こちらがキャンプ場でよく見るタープの種類です。

ほかにもレクタングルタープ(すごく大きい)やカーサイドタープ(車が動かせないので不便)などありますが、ファミリー・初心者向けではないので割愛します。

多分日常で最も目にするのがワンタッチタープだと思います。

ですが、
ワンタッチタープは雨風に弱くキャンプに不向きだと説明しているイラスト
これはキャンプには不向き。
日帰りBBQやスポーツ観戦でよく目にします。

(↓BBQ用はクリック先で
■日帰り用おすすめタープ)
BBQにおすすめの日除けタープのページ用アイコン

このタイプは設営や撤収に時間がかからず便利だから。

でも風が強いと吹き飛びそうになるし雨が降ってきたら、中まで降り注ぐしで不便なんですよ。

キャンプ場は、夕立がたまにあります。

そんな時、これを使っていたら急いで中の物をテント内や車内に避難させなければいけません。

実は我が家もこちらでキャンプをしていたので、大変な思いを何度がしました。

まず、夜の風が怖かったので、就寝前に、タープを畳むことが多かったですね。

雨の時はブルーシートで中を守っていました。

※詳しい話は
↓こちらの記事で
【タープテントでキャンプ出来るの?】
タープテントをキャンプ場で使っていいのかと問うているイラスト

でもアウトドアといえばBBQだったご家庭なら、持っている日除けタープはまずこのタイプだと思います。

雨・風邪対策も必要なので我が家はブルーシートで対応していました。

↓その時の写真。
ワンタッチタープは雨の時、サイドにブルーシートをつけると雨よけになって良いと説明しているイラスト

かなり不格好です。少々ホームレス風。

もし、タープを今お持ちでなく、このタイプでキャンプを始めようとするならサイドシート付きがおすすめです。

計量ならBBQの時も駐車場から運びやすくベリですよ。

■アルミ軽量タープ

楽天12,096円(税込、送料込)

2段階の高さ調整タイプは
↓ピンが折れることもあります
【タープの
ピンが折れた話】

ワンタッチタープの高さを固定する品が折れているイラスト

故障が多いタープでもあります。

やはり、キャンプにはおすすめではないですね。

ではキャンプにはどれがいいのかというと、春キャンプならスクリーンテント。

昼夜の気温差が10℃程度で東京都心でも日中は20℃前半はありますが、夜は10℃ほどまで下がります。

キャンプ場のような郊外の場合は夜の気温は【一桁台】も普通にあるぐらいでほとんど冬です。

春キャンプの夜はかなり寒いので冬の装備が必要だというイラスト

夕飯が終わって、火の気がなくなると、ワンタッチタープだけだと寒くてじっとしていられません。

春キャンプはワンタッチタープだと寒いとイラストで表している

服装も寒がりの私はセーターとフリースひざ掛け、毛布と重装備です。

春キャンプにはクローズできるスクリーンテントが温かいのでオススメだというイラスト

すごく寒いので、夜は焚き火で暖を取ってさらに毛布をかけておしゃべりしてくつろぎます。

アウトドアのムードがあって実は夏キャンプより好きなんですが初めて行った時は寒さのあまり夜眠れませんでした。

シュラフも春~夏向けの薄いタイプで春キャンプをなめていました。

初めての春キャンプは電源があるキャンプ場でホットカーペットを使うのがおすすめだというイラスト

夏キャンプの場合でも夏は虫が多いのですが網があるので、虫対策はバッチリです。

スクリーンタープなら虫嫌いの方にもキャンプをた示そうというイラスト

まず最初に紹介するのは定番のコールマン。

コールマン・ドームスクリーンタープ/380

icon
icon
ナチュラム価格29,444円(税込31,800円)

380×340

このサイズなら家族全員でゆったりできます。

フルクローズしますし、テントと連結もできます。

↓ジョイントの方法動画

テントに比べてスクリーンタープはサイズは大きめを選んだほうがよいです。

BBQのときによく見る、四角い屋根のスクエアタープに比べて壁があるので、同じサイズだと狭く感じてしまいます。

少し費用を抑えたい場合、ワンサイズ小さめだと安くなります。

スクリーンキャノピージョイントタープIII

icon
icon
ナチュラム価格21,000円(税込22,680円)

340×320

家族だけなら問題なく使えます。

サイズ感ですが、4人家族なら、スクリーンタープの場合最低【300×300】はほしいですね。

スクリーンテントはテントサイトが狭くてもヘキサタープに比べ設営場所を取らないため初心者には助かります。

その他、スクリーンタープも色々あります。

↓こちらからご確認ください。

スクリーンタープ:色んな種類・いろんな販売店

楽天

↑楽天ユーザーの場合10倍ポイントがたまに行われているのでその時の購入がおすすめ。

アマゾン
↑アマゾンは男性ユーザーが多く、キャンプ好きの方のレビューは詳しく書かれていてGOOD!

yahooショッピング

Tポイントが使えます。

こんなスクリーンタープにも弱点があります。

●設営に時間がかかる

●夏は暑い

ということです。

でも、設営時間が大幅に短縮されるタイプもでています。

次は設営簡単タイプです。

一見普通のスクリーンタープですが・・・

Q-PANEL iスクリーン 3535
ロゴス(ナチュラム店)

icon
icon
¥54,000 (税込)

テント生地に最初からポールがついていて、関節部分をはめていくだけの簡単設営タイプです。

↓3分設営!
ポールとテント生地が一体化しているタイプを絵で説明

スクリーンタープは春の居住性はよいのですが、持ち運びや設営が面倒で、夏は暑いです。

そして結局、慣れたキャンパーさんは夏はヘキサを使う方が多くなるようですね。

ただ、設営がちょっと難しい。
自立式タープの説明イラスト
ワンタッチタープとスクリーンテントはロープがなくても自立してたつので

初めての方でも楽に組み立てられます。
自立しないヘキサタープ2本のポールで設営が楽になるよう工夫されていると説明しているイラスト

ヘキサも慣れると簡単ですが、上の絵のクロスポールが初心者にはおすすめ。

我が家も使っています。

ポールが多い分、重たく、かさばりますが、それでも収納サイズはずいぶんコンパクトですよ。

ワンタッチタープとヘキサタイプの収納バックサイズを写真で比較
これだけ収納サイズに差があります。

キャンプはそれでなくても荷物が多いので、

このコンパクトさはとても有能です。

icon
icon
ナチュラム価格14,738円(税込15,917円)
12%割引 1473ポイント

大きさ・価格帯、それぞれ色んな種類が販売されています。

ヘキサタープ:大きさ色々・販売店一覧
楽天

↑楽天はファミリー向けが多い

アマゾン
↑アマゾンはミニヘキサなど小さいタイプが上位に出てきます。

yahooショッピング
Tポイントが使えます

安いタイプもありますが、生地が薄くタープ下でもかなり暑いものが多いです。

タープは生地が厚手のモノのほうが涼しいと説明しているイラスト

コールマンですら私は薄く感じました。

また、ヘキサはほかのタイプに比べて設営にロープを広く張るためスペースが必要です。

ヘキサタープは設営に広い場所が必要だという説明イラスト

キャンプ場の区画が狭い場合は下のイラストのようにタープの下にテントを食い込ませる形で設営するなど

キャンプ場の区画が狭い場合は、テントをヘキサタープの下に入れ込んで設営すると良いと説明しているイラスト
工夫して下さい。

タープは本当に色んな種類がありますが

キャンプ中、家族が最も長い時間過ごす場所になります。

快適なものを選んでくださいね。

<早見表>

暑さ 寒さ 設営簡単 持ち運び
ワンタッチタープ
(スクエア・自立)
スクリーンタープ
(見た目テント)
ヘキサタープ
(屋根)

(慣れが必要)

快適さを優先するか、
持ち運びなど便利さを優先するか

あなたにとってどちらが重要かで
決めて下さい。

私の周りでは2つ持ちの方が多いです。

参考までにランキングを紹介します。

↓アマゾン
スクリーンタープ
売れ筋ランキング

アマゾンのスクリーン以外はこちら
タープ売れ筋ランキング

↓楽天
楽天スクリーンテントランキング

日よけタープが決まったら、同時にペグ(杭)も必要です。

↓こちらで説明
ペグの説明ページ用アイコン

買った時、付属してくるものは曲がったり折れたりとあまり使えません。

安いペグは消耗品レベルです。

↓こちらamazonです。
amazon
テントアクセサリランキング

↑ペグやハンマーがランクインしています。

※ランキングは1時間ごとに更新され上記の限りではありません。

予備のペグは必ず持って行くとよいと思います。

ハンマーは専用でなくてもホームセンターで売っている安いタイプで使えます

もしプラスチックの付属ハンマーがあればあれは幼児のおもちゃだと思って下さい。

ハンマー・ペグはタープだけでなくテントでも重要。

しっかり準備してくださいね。

広告
LINEで送る
Pocket

人気の記事

2018/06/09