Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/siomama/siomama.minibird.jp/public_html/camp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ピクニックに行くのにテントがほしい?!

2018/07/27

LINEで送る
Pocket

義理の妹からメールで
ピクニックに行くので日よけにテントがほしいのですが、おすすめありますか」

ときました。
「日帰りピクニックにテントがほしい」とメールが届いている漫画
「日帰りでテント?」
日よけタープと間違いだと思ったので、そのようなメールを送ったらやっぱりテントだと返事が来ました。

義理の妹がテントとサンシェードを勘違いしていたという漫画_002
そして、テントの方が設営が簡単そうだという内容から

「サンシェードの間違いかも!」

と思って、再度メールすると、

「サンシェードでした!すみませんでした!」

と返事が届きました。

これ、夜の11:30ぐらいからのやりとりです

広い意味で言えばサンシェードもテントなのでしょうが…。

さて、やっと本題です。

上の漫画の中でもあるように、私の弟(義理の妹)家族はまだ幼稚園児を二人抱える大変な時期です。

このような時期はサンシェードもポップアップのような簡単なものがよいと思います。

義妹からは「コールマンはかっこいいですよね」とメールで届きましたが、私は、下の様な友人の話を伝えました。

コールマンのサンシェードは丈夫なので簡単に捨てられなくて困っているというユジンの話を漫画化_003

もちろん、大きいタープを買わずずっとサンシェードを使い続ける家族もいらっしゃると思います。

そういう方には丈夫なタイプがオススメです。

でも私の周りではそれは少数派。

上の子が小学生になるぐらいにはカンタンタープを買う方が多いですね。

↓こちらがコールマンではおすすめ
サンシェード
■Coleman(コールマン)
スクリーンシェード+レジャーシート【お得な2点セット】
icon
icon
ナチュラム価格9,704円(税込10,480円)
↑こちらはフルクローズします。
コールマンのサンシェードはフルクローズするので着替えも中でできるという説明イラスト_004

ちょっと組み立ては面倒だけど、キャンプなんてしないし、BBQや海水浴のアウトドアもせいぜい年1・2回程度という方なんかにはこちらは長く使えておすすめです。

次は子供が幼児期だけの短期間向けで、広げるだけのポップアップの簡単設営タイプ。

↓※フルクローズします

5,269円 (税込 5,690 円)
200cm×180cmのワイドサイズ

まだ小さいお子さんの家族連れなら中で食事もできると思います。

我が家も持っていましたが、ワイヤーと布の接している部分が擦り切れて、破れてきました。

でも子供が大きくなったら入らないので、これでいい感じ。

↑こちらはUV加工してます。

収納は手こずると思います。

一度練習してから本番へ望むといいと思いますよ。

色は暗めのほうが涼しいと思います。

明るい色、例えば赤系だったらテント内も光が赤い色で差し込んでくるのでちょっと落ち着かないかも。

2018年はかなり暑いので、多分砂の上もあつすぎると思います。

銀マットをホームセンターなどで買って敷くと断熱されていい感じになりますよ。

次は、そんな銀的を別買いせずにすむ、マットもオプションで付けられるポップアップサンシェード


4,800円 (税込 5,184 円)

ファミリー向けのサイズ。

(幅240 奥行190)

上の商品はテレビや雑誌でも紹介されています。

楽天ランキングにも季節と在庫にによりますがのっていますよ。

楽天テント・タープランキング
↑キャンプ用タープもあるので、サンシェードがランキングするのは夏季です。

アマゾン・サンシェード売れ筋ランキング

サンシェードは、屋根が低く熱がこもりやすいのでできるだけ広いものがよいと思います。

もちろん何もないより断然いいですよ。

広告 以上
LINEで送る
Pocket

人気の記事

-日記
-, ,